豆は「しあわせ」のタネである

【岡山】ぬくずし

新幹線の岡山駅で買いました

最初に岡山駅構内で目に入った気になる食べ物。「今日はこれから食べる仕事だから、今はガマン。帰りにまだ売ってくれてたらいいな」と視界に留めた「ぬくずし」。

願いが通じたと喜んでいいのか否か、京都に向かう新幹線の中で味わいました。

「温く温く! ほっ!」の「ぬくずし」には、豆が2種類。

グリンピースと黒豆が入って1,080円(税込)。グリンピースは、よくある「あの」感じで、黒豆は正月明けだからか、ほんのり甘い味付けになっていました。

海老やレンコン、たけのこなどの具材は出来立てを急速冷却し、再加熱したような食感でした。昨年から「新幹線の中でモノを食べない。飲まない」を心がけていたことも忘れて、2席を一人占めして食べました。

 

岡山駅滞在3時間12分

今日の仕事は疲れました。ふだん、口にしないよう努めている「疲れた」を繰り返しボヤキたくなるくらい身体的にも、精神的にも疲労困憊。

高松に取材に行くはずが、強風のため新幹線の岡山駅から先が不通に。乗るはずだった快速マリンライナーが瀬戸内海の手前で止まり、その先へ行けないというのです。。。

「13時42分に再開の見込み(しかし、更に遅れる可能性アリ)」の見込みを信じて、13時半まで待ってみると、不通は15時12分まで延長。そこまで待って香川県に行っても2カ所、3カ所プラスαの取材を決行できずと判断し、本日、瀬戸内海を渡ることを断念。

出立から出戻りまで7時間強。豆・豆料理探検家の本年 初仕事は、惨敗となりました。

取材日程を合わせてくださったS先生、申し訳ありません。行くはずだったE店とB店も伺えず残念。高松の商店街をのぞくはずだった時間は消えて、岡山駅のスーパー探検に変わりました。

本日、岡山駅で購入した品々。豆っぽいのは少ないけど、豆料理に活用したい酸っぱいのをいろいろ買い求めました。あ、牡蠣せんべいは個人的な好み。

1袋に10g入り 各180円+税

赤米ブレンド珈琲と、「作州黒」の黒豆ブレンド珈琲。黒豆コーヒーは前に味わったことがありますが、赤米のコーヒーは初めてです。どんなお味がするのかな?

「しっとりレモン」は国産の大長レモンピール。198円+税

緑色の瓶は、グリーンレモンのマーマレード。超すっぱそ〜 650円+税

「瀬戸内レモンカード」はパンとかに塗るの。卵黄とバターも入っているそうな。450円+税

「広島れもん鍋」は、これが使い途ありそうなのです。鍋のみならず、即席れもんスープ、パスタやチャーハン、即席ピクルスにもアレンジできると書かれています。豆にも合うよね! 400円+税

牡蠣まるごとせんべい 12枚入り 500円+税

こうしてみると岡山駅の食品スーパーって、レモンとか牡蠣とか、広島県産を多く売ってますね。私が手にしたのが、たまたま?

待ち時間は気晴らしに「出張先で食品売場をのぞく」という好きなことに、存分に費やせましたが、肝心の仕事はどうなりますことやら‥‥ 緊急事態宣言が京都と香川県に及ぶ前に、取材リベンジを敢行できますように。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 9月
« 8月   10月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー