豆は「しあわせ」のタネである

【鹿児島県産】大場さんの枝豆 2103

マルカワファームのレンジアップ用枝豆

昨年、一昨年も味わった見覚えのあるパッケージ。

鹿児島県のマルカワファーム「大場さんの枝豆」。堀川丸太町のイズミヤで買いました。

200g入り 298円+税

昨年は6月中旬(248円+税)に味わい、一昨年(198円+税)は6月下旬に味わっています。時期が進むほど、価格は下がっていくのでしょうか?

毎年、枝豆シーズンの立ち上がりに、「大場さんの枝豆おいし〜い!」と思いながら味わっています。さて、今年の枝豆は・・・?

 

大場さんの枝豆を味わいました

レンジアップ用のパッケージに入っていましたが、いつも通りにフライパンで蒸し茹でにしました。

過熱前に塩をして2時間ほど冷蔵庫で休ませ、中弱火で12分ほど過熱。うちわでビュンビュン扇ぎました。

時期が少し早かったのか、まだ少し実が薄い感じ。2粒サヤ、3粒サヤが混じっています。

味は、若々しい美味しさ。過熱途中からうっすらと香りがしていたように、茶豆風味の味わいに感じました。このくらいの量は、じゃんじゃん食べて一気になくなってしまいそうな量です。

もう少し時期が下がって6月に入ると、もっと味がのってくるのだと思います。

そら豆の栽培が盛んな鹿児島で、枝豆を育ててくださってありがとうございます。

強い雨が続いた鹿児島で、枝豆や野菜に影響が出ていませんように。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 6月
« 5月   7月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー