豆は「しあわせ」のタネである

豆のスプラウトに挑戦

豆っぽいことに浸りたい

6月〜10月、長らく枝豆に気持ちを引っ張られていました。10月終わり頃から、豆っぽいことと豆パン作りモードが復活しています。

買ったままになっていた「おうちでベジ」を使って、豆のスプラウト栽培を始めました。

記憶では確か、500円しないくらいの値段だったかと・・・

豆苗とか、ブロッコリースプラウトとか、そんなイメージの言わば「タネの水栽培キット」です。

透明なプラ容器に水を張って、白いアミ皿の上にタネを置きます。

▲ 10月30日(土)からスタートしました。

1日に1回、水替えします。レースのカーテン越しに、陽がさすところに置いています。

▲ 2日後にはもう、芽が出始めました。まだ、ちょこんと気配だけ。

 

スプラウト生育中

▲ 11月3日(祝) 🌱が出て、根も出てきました。芽より根の方が成長しています。

かわいいなぁ〜。毎日、水を替えるのがうれしくなります。

▲ 11月6日(土) だいぶ育っています。

▲ 11月8日(月) 今朝のスプラウトです。これからどう育っていくのやら😀

豆苗は「エンドウ豆の若菜」と知っていたので、エンドウ豆を栽培しています。食品スーパーで、100円そこらで買ってくるほうが手軽で手間いらずだとわかっているのですが・・・

市販の豆苗は茎がもっと長く伸びて、ヒゲのちゅるんが出るのはもっと背が高くなってからのはず・・・

きっと、水の量のバランスと光の当て具合が違うのだろうなと想像しています。自分で育ててみると、市販の野菜がいかに優秀で安価に販売されているかを実感します。

我が家の豆苗、もう少し成長するまで様子見です。食べることができるかなぁ・・・?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 11月
« 10月   12月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー