豆は「しあわせ」のタネである

PEA SNAP 〜 Sugar Snap のタネを撒く

どれにしようかな?

手元にあるタネ3種類。緑、黄色、赤の袋から選んだのは緑の「PEA SNAP」、地面に植えられなくても、鉢植えでも育ってくれそうな気がしたのです。

あとの2つ。黄色は「BEAN BUSH」、いんげん豆のことだそう。

赤は「BEAN POLE RUNNER」、おっとこれは赤花の紫花豆? 藤花豆かもしれません。これは、棹を立てないと無理ですねぇ。

ちゃんとどの豆か知らないまま選んだスナップえんどう、うまく育ってくれるでしょうか?

前回の枝豆と同じ木製の植木鉢です。同サイズは売り切れにつき、1サイズ小ぶりな鉢にしました。

 

タネ、撒きま〜す

鉢に底石を敷き詰め、野菜用の土を入れ、タネを撒こうと袋を開けると

え、これ、青えんどうやん!

いつも水もどしして使ってる青えんどう、カナダやイギリスからの輸入物は「マローファット・ピース」の名前が付いている、あの豆です。

気づかなんだ‥‥ これならはるばる買って来なくても、台所の豆をピピッと植えたら同じやん!

と思った次第。あー

それでもね、どんなふうに育っていくのかを観察する中で発見することもあるはずで‥‥ このまま成長ぶりを見守りましょう。

植えました。植えたけど、タネが隠れて見えませんね。

あした、名札を作ろう。

4月27日に苗を植えた枝豆は、少〜し育ったような気がします。今日は、テラコッタの鉢も買って、ハーブの植え替えをしました。

外庭の皆さん、じゃんじゃん育ってくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 5月 16日

豆行事や催しなど

2020年 2月
« 1月   3月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー