豆は「しあわせ」のタネである

11月23日「お赤飯の日」

11月23日 明治神宮で赤飯の振舞いが‥‥

11月23日が「お赤飯の日」と制定されたのは2010年のこと。勤労感謝の日である11月23日を「お赤飯の日」として、日本記念日協会に登録されたそうです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-23-19-45-23

それ以降、毎年、11月23日頃になると伝統的な赤飯文化の継承を呼びかける意味で「お赤飯の日」をピーアールされています。そして、今日は明治神宮でお赤飯の無料配布がされたようです。今ごろ知っても遅いのですが‥‥ 載せておきますね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-23-20-03-21

 

1年に1度の「お赤飯の日」

ふだん私たち(赤飯運動実行委員会 辻本委員長と五木のどか)は、

皆さまに「毎月1日と15日は赤飯の日」とお声かけしています。

その過程で数年前に「11月23日お赤飯の日」を初めて意識しました。毎月1日15日の赤飯の日を提唱している私たちは「11月23日お赤飯の日」は、さわらないことにしましょう。大手の民間企業さんや各団体さんが提唱されていることだから、お邪魔にならないよう静かにして、大手さんにお任せしておきましょう。というような話をしたことがあります。

あれから何年たったのか‥‥ 私は今日も「11月23日は、お赤飯の日」と思いながら、赤飯を炊きました。祝日の今日は仕事のアポイントも入らないし、時間の自由がききやすいし‥‥

何より、年に1度の「お赤飯の日」をピーアールしてくださる団体さまの赤飯資料は、とても勉強になります。

◎赤飯文化啓発協会 お赤飯について お赤飯アンケート分析

◎全国米穀販売事業共済協同組合 コメトピックス

11月23日をお赤飯の日に制定! 〜伝統的な赤飯文化の継承を呼び掛ける〜

◎アルファー食品株式会社 お赤飯思いNo.1

(ナンバー1を自負されているアルファー食品さん、すごい自信ですね)

 

毎月1日と15日は「赤飯の日」

日本記念日協会に登録された「11月23日お赤飯の日」に加え、やっぱりこれからも私たちは

毎月1日と15日は赤飯の日」を伝え続けていこうと思います。

だって、1年に1ぺンだけの記念日より、まるで暦代わりになりそうなくらい「あ、また赤飯の日」「あしたは赤飯の日」「あ、今日は赤飯の日だった、今から作ろう」と、いうくらい当たり前のことにしたいから。

記念日協会等への登録もせず、ただ淡々と「みんなで赤飯たべよう!」と声をかけ、その日会う人に赤飯おにぎりをお渡しし、地味に続けていこうと思うのです。

 

 

img_20160515_152924 img_20161012_125946

(今日のお赤飯は、10月11日に「豆の日シンポジウム」で頂戴した あずき を使って作りました)

 

子どもたちに、赤飯ができるときのにおいをかいでほしい。赤飯は引き出物やデパ地下、食品スーパー、コンビニ等で買うだけの食べ物ではなく、お家でつくることができるんだ。と知っていてほしいのです。

お誕生日とか、入学式とか、敬老の日、勤労感謝の日、なんとなくいいことがあった日、お母さんが作ってくれるお赤飯は、ちょっぴりうれしいゴハンかなと‥‥。

あぁ、次の赤飯の日(12月1日)は、もう師走ですね。皆さま、どうぞお健やかに2016年の残りの日々をお過しください。(^^)

 

赤飯のことについては、豆なブログ 赤飯運動のカテゴリーに諸々載せています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー