豆は「しあわせ」のタネである

村上農場より、くらかけ枝豆と野菜が届く

北海道 上士幌町の村上農場

5月に農業研修でお世話になった北海道 上士幌町の村上農場より、枝豆と野菜のたまて箱が届きました‼️

途方もなく広い畑で、行き倒れしそうになりながら、黙々と草を抜き、ビニールシートに穴を開け、「おはよう」と声をかけ続けたピュアホワイトやニンニク、こんなに大きく育ったのですね😭


うれしい気持ちいっぱいで、上士幌町の「おいしい畑」を満喫しています。

 

世に出回らない枝豆「くらかけ豆」

くらかけ豆の枝豆、本来、乾燥豆まで育てる豆ですから、おそらく販売してるところは無いかも?

村上農場でも、乾燥のくらかけ豆を販売されています。乾燥豆もおいしくて、その枝豆は独特のおいしさがあります。

前塩、蒸し茹でにしました。南部鉄のフライパンを蓋して中弱火で約13分。


プリッとして、ほくほくして、上質の栗を思わせるような味わいです。

もともと、くらかけ豆自体がヒラマメですからサヤも薄く、黒い豆粒の色がうっすら透けて見えます。おいしいなぁ・・・ 温かいうちにいただくのと、常温で口にするのと、冷ましていただくのと、味の変化も楽しめます。

写真の皿の手前半分、黒っぽいほうが「くらかけ枝豆」、奥は「やぎはし豆」の枝豆です。

くらかけ枝豆を冷ましたら、スイートコーンのような甘さと微妙に広がる独特の酸味も感じられます。ほかの枝豆と食べ比べることで味のちがいがわかり、その豆特有の個性がより感じられます。

今年も春からいろいろな枝豆を食べてきましたが、秋の枝豆は何層も味が複雑にのっている印象を受けます。枝豆用の枝豆ではなく、このまま畑に育つと乾燥豆のくらかけ豆になる枝豆です。

秋の実りの先穫り、ありがたく美味しくいただきました。

泥つきのニンジンや雪下長期熟成のジャガイモ、白にんにく、北の大地の恵みをたくさんいただいて、心身ともに健やかに過ごしたいと思います。

農場長、小林先生、村上農場の皆さま、ありがとうございます😊

 

村上農場 北海道河東郡上士幌町字居辺東7線213

https://imomame.jp/

 

*そのほか枝豆について、豆なブログ「枝豆のこと」に書いています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 11月
« 10月   12月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー