豆は「しあわせ」のタネである

【丹波篠山】2020 黒枝豆情報

【2020年はオンラインで】丹波篠山 味まつり

 

毎年楽しみにしている「丹波篠山 味まつり」、今年は中止だそうです。新型コロナウイルス感染症の影響‥‥、非常に残念です。

黒枝豆の時期に合わせて開催される「陶器まつり」ほか、丹波篠山市で10月開催の祭りごとも、ことごとく中止のようです。

替わりに、Webでの販売が充実し、黒枝豆はもちろん、丹波篠山のいろいろがお取り寄せできるサイトが立ち上がっています。

丹波篠山 オンライン味まつり2020おうちで丹波篠山』をご活用ください。

1店舗で2,000円以上購入すると使える500円クーポンも配布されます。詳しくは、こちら

農 食 匠 と3つあるカテゴリーから、黒枝豆はもちろん「農 MINORI」をチョイス。すると、いろんなショップがずら〜っと出て来ます。黒枝豆、栗、黒毛和牛、お米、ほかいろいろ買えますよ。

 

黒枝豆を丹波篠山まで買いに行く人は

丹波篠山市農都政策課 神田係長に、電話で諸々の情報をお聞きしました。

◎味まつりは中止されても、丹波篠山と南丹地区には、今年も黒枝豆が元気に育っています。

△昨年は、10月5日の解禁日に合わせて開催された「丹波篠山黒枝豆 販売解禁セレモニー」に行って来ました(左の写真)。

今年のセレモニーは、規模を縮小して圃場(田んぼ)での開催を計画中とのことです。

*例年10月5日か6日頃に解禁日を迎える黒枝豆、今年の解禁日が確定するのは9月末〜10月初めとのこと。解禁日より前に、丹波篠山に行っても、枝豆は売っていただけませんので、ご注意ください。

◎味まつりの開催はなくても、丹波篠山では今年もメインストリート沿いのお店や、道路沿いの農家さんの直売所などで、黒枝豆の販売があります。

その日の朝収穫したばかりの、旨みたっぷりの黒枝豆を欲する方は、実際に現地へ足をお運びください。

もちろん、コロナ対策には細心の注意をはらって迎えてくださるはずです。他府県から県をまたいでの行き来は、今のところ制限されていません。

*販売所MAPは9月下旬にアップされます。掲載を見つけたら、こちらにもリンクを載せます。

 

余談

△毎年、大阪と東京で出張販売されていた黒枝豆の直売は、残念ながら今年は実施されません。

丹波篠山オンライン味まつり2020『おうちで丹波篠山』を活用し、黒枝豆とそれ以外の丹波篠山のご馳走を取り寄せしてみては‥‥

 

◎黒枝豆以外の好きなもの ⇒ 清明堂さんの栗きんとん、黒豆ソフト、黒豆パン、ほか

 

◎川北(黒枝豆発祥の地)の黒枝豆は、気候風土の関係で丹波篠山の解禁日より約1週間、販売開始が遅くなります。今年の育ち具合は、上々とのことです(神田係長 談)

◎小田恒商店は、ただいま改装中につき、店舗の場所が異なります。令和3年3月末頃までは、本店近くの仮店舗で営業されています。

丹波篠山の黒枝豆、あのぷっくり丸々と大きな枝豆をもうすぐ食べられるかと思うと、ワクワク楽しみです。枝豆シーズンを大粒の黒枝豆が締めるのは、理にかなっているなと思います。

この秋、皆さまもおいしい黒枝豆を堪能してください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2020年 9月
« 8月   10月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー