豆は「しあわせ」のタネである

【金沢】甘納豆 かわむら&ノマノマ

外せない店になりました

年末ですねぇ。

時間がちっともうまく回りません。金沢旅から既に1週間が過ぎました。書いておきたいこと、忘れないうちに記します。

 

「甘納豆かわむら」、お店の営業時間は朝の9時半からです。よって、朝一で出かけました。既に、ホテルのモーニングでお腹いっぱい。それでも、行ったらきっと何か食べたくなるだろうことは予測していました。

甘納豆ほかの買い物をして、「走って3秒! のノマノマ」へ。

これは、私が選んだ「りんごとお芋のMonaca」400円

林檎のコンポート×芋あん×クリームチーズの組み合せです。りんごの食感が好きでした。芋あんがほんのり甘くて、満腹にはクリームチーズがちょっとキツかったけど、なかなかセンスの良い組み合せだなと思いました。

こっちは、Oさまの「塩豆あん×バニラアイスMonaca」360円

サクサクもなかの皮は、オーソドックスな菊型なんですが、サンドする具材がいろいろで、平成から令和世代が好む組み合せだなと感心します。途中で交換していただき、こちらも味見。塩豆あん、そんなに塩が効いてなくて、食べやすかったです。アイスが溶けて焦りました。

しっかり私が写っておりますが‥‥ 次回のための、おぼえ書き。

「白いおしるこ」、モナカが蓋になっています。白いおしるこは、おそらく白小豆のおしるこではないかと思うのです‥‥ 自分でちゃんと確かめたい。

 

甘納豆かわむら

小さい甘納豆4種類がハガキが入るくらいの大きさにパッケージされている「まめ日記」なる商品がありまして、前回の初訪問の際に買って、今回もギフト用などにリピート購入しました。

豆の量からすると、ほんとに一握り、二握り、手のひらサイズです。こうしてパッケージを調えて、4種類の詰め合せにすることで、すごくカワイイです。ん〜、大人かわいい?

豆は煮くずれることなく、しっかりシロップに浸して味を沁み込ませ、それから仕上げた上品なつくりでした。大納言小豆、ひよこ豆、雪てぼう、大正金時の4種類が入っていました。

こちらは羊羹。

フランスいちご羊羹、奥能登揚げ浜羊羹、地中海レモン羊羹、加賀の紅茶羊羹、‥‥いかんやろ、そんな味を作ったら。食べたくなるし‥‥ しょうが羊羹、黒ごま羊羹、あー

筒に2味入っています。底から押し出して、糸を回して切るのです。

すごいね。ふつうに羊羹つくってても売れない時代。味とか、パッケージとか、楽しさとか、いろんな付加価値が加わると、若い女の子たちも羊羹を買っていきます。私も「勉強!」と思って買ってきます。

自分で羊羹をつくってみて、砂糖の多さに引いてしまいましたが、こんなふうに、いちごとかレモンとか紅茶とか、そんな味がうれしいです。

 

金沢旅唯一の2ショット! Oさま、2日間ありがとうございました❤

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2020年 2月
« 1月   3月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー