豆は「しあわせ」のタネである

豆の炊き込みごはん3種

2023.05.10

2件

北海道本別町 大豆の洋風炊込みごはん

4/15に参加した「豆活のススメ!」トークショーのクイズでいただいた炊込みごはんの素を使いました。

本別町産大豆が使用された炊込みごはん、楽しみ〜と思いながら作りました。

作り方には書かれていないけど、炊込みごはんを作るとき、おいしくする秘訣はお米の配合にあります。フツウのご飯のうるち米に、1/4量のもち米を混ぜること。その分、心もち水を少なくします。

それ以外は、箱に書いてあるとおりに作りました。

ちなみに、うるち米は北海道産「ゆめぴりか」でコーディネートしました。

おいしかったです。ホント、いいお味でした。

チキン・大豆・玉ネギ・ニンジン・マッシュルーム・バター・調味料・香辛料・・・

これって、何で味付けしてるんやろう? 微かに五香粉が入ってる? チキンエキス? 何がおいしいと? と頭で解析しながら食べました。

欲を言えば、豆好きとしては大豆がもっとたくさん入ってて欲しかったです。豆のかたさ加減が、私の好みではヤワすぎる感じ。

しかし、万人的にはノープロブレムでしょう。

あ〜、これやったら、どこかで見かけたら書います!

 

本場鶴岡産 だだちゃ豆ごはん

こちらは、2月に上洛された鶴岡のだだちゃ豆生産者さんからいただきました。

炊飯器で作る炊き込みご飯の素、豆トモさんたちが来られたとき、振る舞いに作りました。

お米もしっかりセットされて、しかも同じ山形県産の「つや姫」でした。

だだちゃ豆がたっぷり! でした。

みんなにすごく好評で、こちらもうれしくなりました。

鶴岡のだだちゃ豆、今年もたくさんおいしいだだちゃ豆が食べられますように・・・

 

駿河湾産 桜えび 炊き込みごはん

こちらは東京の日本酒トモさんからいただきました。

桜えび・山菜・出汁が入っていました。

それだけではちょっとさみしい気がして、うすいえんどうをプラス。

 

やっぱり豆の緑色が加わると、おいしさ感アップ!

豆の緑色をキレイに出すコツは、一緒に炊き込まずに別茹でして、炊き上がりに加えるのが秘訣です。

 

最近の炊き込みご飯セットは優秀ですね〜。

ハッピーは、おいしいの隣にある。

皆さまも、おいしいの召し上がってください。フツウの炊き込みごはんも、豆を加えるだけで楽しさと彩りが増しますよ😉

関連記事

コメント

    • 髙橋美恵子
    • 2023年 5月 11日

    のどかさん
    爽やかな良いお天気で気持ちいいです。
    豆の炊き込みご飯の素便利ですね。
    どれも美味しそう。

      • Nodoka
      • 2023年 5月 12日

      髙橋さん、ありがとうございます。

      市販の炊き込みご飯の素やスープなどに入っている豆はおおかた「ヤワすぎ」と思うものが多い中で、だだちゃ豆ごはんは優秀でした。
      私たちは自分で調理した豆を使うほうが、いちいち感想など述べなくていいのかも・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2024年 2月
« 1月   3月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー