豆は「しあわせ」のタネである

納豆パスタ/NATTOCCINE

グルテンフリーの麺が増えました

八百一本館で見つけたパスタは、納豆が使われたパスタ麺でした。

黄えんどう豆100%のZENBヌードルを知って以降、以前にも増して豆っぽい麺類が気になって試し買いしています。

新感覚[洋風・平麺] 納豆パスタ

宮城県産大豆・宮城県産ササニシキ米粉100%使用 グルテンフリー

80g入り(1食) 税込 495円

ちょっと高いかな? と思いましたが、気になるので購入。

 

「納豆パスタ」を味わいました

・NATTOCCINE ナットチーネ

宮城県産大豆・宮城県産ササニシキ米粉100%使用 → これは、大豆と米粉だけでできているということではなく、「使われている大豆と米粉は100%宮城県産」という意味でした。

ちなみに、この「半生 納豆米粉めん」の原材料表記は、米粉・馬鈴薯でん粉・納豆の順に載っています。

・グルテンフリー

・化学調味料・保存料・着色料 無添加

▲ 平打麺 80g入り。幅5ミリくらいだったと思います。

 

納豆パスタを味わいました

帯の裏面には「◉こくのあるソースと一緒にいただくパスタや主菜をはじめ、お酒に合わせた前菜にも個性ある味わいを演出します」と書かれていました。

ランチやディナーにおすすめです。とも書かれていました。

私はランチにいただきました。

濃い味のソースで麺の個性を消すのではなく、そのものの味を知りたくて、冷麺にしました。めんつゆ以外に、ざる蕎麦のように大根おろしと塩を添えました。

麺は真空の袋を開けたときから、納豆の香りがただよってきました。

指定どおり2分半茹でて、水で締めて皿に盛り・・・

口に運ぶうちに、鼻腔に納豆のほのかな香りが届きました。塩をチョンと付けて、モチモチした麺を噛むと、納豆のような納豆ごはんのような旨みのある麺の味。

それを指してか、袋の裏書には「噛みしめるほどに上品な甘みが広がる」とも書かれていました。

他におかずもなく、ナットチーネだけを食べたから、「80gは少ないかな? もっと食べたい」と思いました。

長期保存ができるタイプ。確か9月頃に買ったように思いますが、賞味期限は22.12.23と表示されています。6〜10月は冷蔵庫保管を推奨されていました。 → はい。ちゃんと冷蔵庫に入れてたのをいただきました。

この麺に合わせるとしたら、どんなソースが合うのでしょう?

ボロネーゼやシーフード&クリームソース?

と思って検索したら、こちらの記事(「暮らす仙台」グリーンパール納豆本舗)を見つけました。宮城県の納豆屋さんが開発した麺。既にアメリカ進出を果たしているのだとか・・・

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 11月
« 10月   12月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー