豆は「しあわせ」のタネである

ダイズライスを試してみました

注文から1週間後に届きました

少し前から気になっていた「ダイズライス」を取り寄せました。届くまで1週間。待ち長く感じました。

いちばん小ロットの200g/1,000円(税込)を注文、送料は250円でした。

「Beanus」は、この商品のブランド名。「豆+私たち」でビーナス、ネーミングが上手いですね。フジッコさんの商品です。

箱の中には商品紹介書やレシピ、定期購入の案内なども同封されていました。

ダイズライスの中身はこちら。

「ライス」と付いているだけあって、お米っぽい形状に加工されています。

おすすめの調理方法はレンジアップ。苦手だなと思ったから、2〜3日置いたままになりました。レシピをよく見ると、パエリアのような炊き込みご飯は、レンジ調理しなくても作れることを確認できました。

 

ダイズライスをレンジ炊飯しました

▲ ダイズライス100g+水200g、30分寝かせます。

▲ ラップをかけ、レンジ500Wで3分加熱

▲ レンジアップ後にほぐして、再びラップをして蒸らし10分

出来上がりです。食べてみると・・・ ん〜〜〜、正直、ビミョウ

ポロポロします。ライスと付いているから、どうしても炊き立てご飯と比べてしまいます。白ごはんより、玄米ごはんの雰囲気かも?

 

ダイズライスを調理しました

ダイズライス乾燥50g→出来上がり150gが1食分です。お茶碗に軽く1膳くらいの重さです。

玄米ごはんを使うつもりで、作る料理を考えました。そして、ライスサラダに。

料理にすると、まるで玄米ごはんの印象です。

デュカ、レモン汁、オリーブオイルで味を調えていただきました。

ダイズライスは他の味を加えることで、何の違和感もなく美味しくいただくことができました。けっこう腹持ちが良い感じです。

粉末状大豆たんぱく、大豆粉、もち粉ほかを加えて作られた「大豆たんぱく加工品」は、中国製造と書かれていました。

 

残った1食分は冷蔵保存し、たまご炒飯にしました。

冷たい状態で少しつまんでみると、ポロポロして大豆くささか化学の味のように感じました。

温かいチャーハンは、違和感なく食べました。ダイズライスの個性が少しわかった感じです。

最少ロットですと、千円で4食分。残る100g2食分はレンジを使わない調理法で、パエリアにしようと思います。

レンジアップには、カレーやハヤシライスを掛けるのも合うと思います。

ダイズライスは単体で口にするより、何らかの味をまとわせて食べるのが良さそうです。大豆たんぱく加工品特有の加工食品の味がしました。

健康とダイエットは、一朝一夕には成らず。何を選択するかは人それぞれですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 9月
« 8月   10月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー