豆は「しあわせ」のタネである

10月の丹波篠山、おすすめはココ!

丹波篠山市のにぎわい

10月2日(土)、日本農業遺産認定シンポジウムに参加しました。開始時間前に駆け足で、まだ黒枝豆販売が解禁される前の丹波篠山市中心部を巡ってきました。

 

◎小田恒商店

今年の春にリニューアルされました。

風情ある店内、残念ながらお昼のカフェは既に満席でした。カフェ「小田恒豆堂」、次は必ず窓辺の席でカフェ時間を過ごしたいと思います。

 

黒枝豆解禁前でしたから、まだ枝豆の購入はできません、黒豆と栗、2種類のタルトと黒豆茶を購入しました。

 

 

◎阪本屋

お米屋さんの店前に「焼おにぎり」の看板とタペストリー発見。「お持ち帰り出来ます」に引き寄せられて中へ。

おいしそうに並ぶ4種類の中から、「黒豆味噌」と「山椒」の焼きおにぎりをお願いしました。3〜4分待つと、芳ばしい焼きおにぎりが購入できます。

 

◎メインストリートの土産もの屋さん

店名チェック漏れです💦

店の前に既に「中生(なかて)」の枝豆が並んでいました。「川北産」の文字に心惹かれるも‥‥ 

解禁後は、通りの両側にもっともっとたくさんの枝豆が並びます。

これは「中生」だから、解禁前の販売OKなのだとか‥‥ 

 

◎清明堂

この時期、丹波篠山に行くと必ず買うのが、こちらの「栗おはぎ」と「栗きんとん」。解禁後の週末は並ばないと買えません。並んでる間に売り切れることもありました。

 

30分ほどで中心部を駆け足で巡りました。今回は立ち寄れませんでしたが「大正ロマン館」や「元祖 黒豆パン」のパン屋さん、栗ソフトのお店なども好きです。もっと、ゆっくり廻りたかったなぁ。

次の週末あたりから、街はさらに賑わうことでしょう。

 

アクセス

・クルマは渋滞します。余裕を持ってお出かけください。駐車場は「三の丸西駐車場」が便利です。確か週末は、仮設駐車場も用意されていたような・・・

・公共交通機関利用は、JR「篠山口」駅からバスが出ています。本数がそんなに多くないので、待ち時間も考慮してください。

・自力でスイスイ巡りたい方は、駅の東口にレンタサイクルもあるみたいです。観光案内所、ユニトピアささやまでも借りられるかと思います。

 

いよいよ販売が解禁された丹波篠山の黒枝豆、自分で買いに行くことが叶わない方は、webでの販売もされています。

おうちで丹波篠山 ▶︎ https://edamame.jp

黒枝豆はこちら ▶︎ https://edamame.jp/?tag=blackbeans

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2021年 10月
« 9月   11月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー