豆は「しあわせ」のタネである

赤飯のこと

5月15日も「赤飯の日」

炊飯器で作りました 6月5日が、だんだん近づいてきてて、神さまへのお供えのつもりで作りました。 炊き立てを豆ラボの神棚さまにお供えしました。(^^) 毎月1日と15日、意識していないとうっかり1…

記事を読む

外国人のお宅訪問に「お赤飯」

赤飯外交 GW初日、最近なかよくなった友人のお宅に招かれて、子どもたちと遊んできました。 「2016 国際マメ年」にちなんで、手みやげは豆好きな私のチョイス。日本の文化を伝えたいと考えて、お赤飯にしました。朝から炊飯器で作りました。…

記事を読む

3月15日は「赤飯の日」

毎月1日と15日は「赤飯の日」 おついたちと15日、時間の工面がついたら赤飯を作るように心がけています。月に2日間を「赤飯の日」と言い始めたのは2009年頃からで、赤飯運動を始めたのは私が京都に来て少しした2010年4月の…

記事を読む

一生モノの技術、身につけませんか

“一生モノ” の技術 というほど仰々しいものでもないのですが、人様のしあわせを願うココロと術を知っていれば、人生は何倍も豊かなものになると思います。そんなことを思いながら、豆ラボでは赤飯教室を開催しています。 今回で5回目、一度の受…

記事を読む

第5回 赤飯教室のごあんない

「炊飯器でカンタンに作るお赤飯」の作り方教室 毎月1日と15日は「赤飯の日」、あなたも誰かとどこかでお赤飯を口にしませんか。 とお声かけを始めて、そろそろ6年になります。声かけだけでは、なかなか広まらないので、 昨年から赤飯教…

記事を読む

豆行事や催しなど

2017年 10月
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー