豆は「しあわせ」のタネである

千代とうふ店の「濃厚豆乳」を使って

東山区宮川町の千代とうふ店

千代とうふ店で買った豆乳、とっても濃厚です。三代目いわく「ここの豆乳を飲んだら、ほかのは飲めないとお客さんに言うてもらってます」。

けっこう濃厚なんだろうなぁ〜、くらいに軽く思っておりましたら‥‥ 濃厚を通りこして、どろ〜ん。なトロミがあります。

三代目いわく「豆乳はホットミルクみたいに温めて飲むのがオススメです」と教わりました。ホットミルクみたいに温めて飲んだら、液体とうふを飲んでるみたいにトロミがありました。超濃厚です。

 

超濃厚豆乳で玉子焼き

そのホット豆乳を味わいながら思いついたのは、玉子焼き。

よそのとうふ屋さん(京とうふ藤野さん)レシピで覚えた「おとうふだし巻き卵」が、豆乳でできる! と思いました。藤野さんレシピでは、卵3個におぼろ豆腐100gを使われていますが、この豆乳ならすりつぶす手間もなくイケル、と。

どろ〜ん、と濃厚な豆乳を60cc、卵を2個使いました。好みでネギも加えました。

ふっくら玉子焼きは、いい感じに焼き上がりましたよ(^^)

 

厚揚げは、具だくさんのみそ汁に

ゴボウ、じゃがいも、人参+千代とうふ店の厚あげ。

みそは自家製です。

厚あげ豆乳とうふ‥‥ 最近の私は、たんぱく質たっぷりの生活をしています。

 

千代とうふ店の創業者さん、二代目、三代目とお会いすることができました。その時のお話は、また4月に入ってあらためて‥‥(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 14日

豆行事や催しなど

2018年 10月
« 9月   11月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー