豆は「しあわせ」のタネである

一休さんのお寺で「善き哉」のぜんざいを食す

酬恩庵 一休寺

京都府京田辺市にある一休さんのお寺に行ってきました。

閑かで、とてもステキなところでした。また行きたいと思いました。

そのあたりのことは後日、仕事で書いているkyo・mioriさんの「きょうと彩四季」に書くことにして、豆なブログには豆っぽい話を書きます。

 

一休寺納豆

一休さんと言えば、いろいろなエピソードがあります。そのひとつが、一休寺納豆を考案されたこと。一休寺納豆は、いまの私たちがイメージする納豆とは異なり、とても塩辛い黒い粒をしています。

試食をいただいて、刻んで小粒にした一休寺納豆の「ふりかけ」と佃煮を購入しました。包装されていても、発酵食品のにおいがします(^^)

かつて、京都 大徳寺で初めてこの類いの納豆を口にし、あまりの塩辛さに退いてしまった経験があります。私の味覚が成長したのか、一休さんのほうが大徳寺のものより食べやすいのか、この納豆の粒は良薬のように感じました。

お寺さんのホームページによると、一休寺納豆は調味料としても、いろいろな活用法があるようです。

 

一休さんの善哉

「ぜんざいにまだ名前がなかった頃、一休さんが小豆を煮て汁に浸したものを食べて“善きかな、善きかな”と言ったから、善哉(ぜんざい)という名前になったんだよ」と聞いていました。

だから、一休寺でぜんざいをいただくことを一番の楽しみに、私は一休寺に向かったのです。ふふふ。一休さんのお寺のぜんざい。この時期は、冷たいぜんざいをいただくことができました。

ぜんざいには、たっぷりの小豆と、貝のかたちのモナカの種(皮)、白玉が2つのっていました。そうして小豆の上には、あの一休寺納豆も刻んでトッピングされていました。

おいしいのですよ、このバランスが。

冷たい小豆のうっすらとした甘さに、塩っぱい黒い粒、このお寺ならではの善哉=「よきかな」を味わうことができました。(^^)

 

一休善哉の日

一休寺の最後に、「一休善哉の日」という記念碑と絵馬奉納所の立て看板を見つけました。

 

一休さんは元旦のお生まれだったのですね。

善哉の日は1月最終日曜日、と書かれています。2018年1月28日(日)を、マークしておきます!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 12月
« 11月   1月 »
     1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー