豆は「しあわせ」のタネである

朝活

早起きが苦手です

宵っ張りの朝寝坊、昨今の Stay Home 習慣&GWは特に危険です。

だから、朝の用事を作りました。ちゃんと起きられるかどうか自信がないから、約束もせずに‥‥

早起きをして、朝7時前から、例の「炊飯器で作る抹茶ホットケーキ自家製白あん入り」を作りました。

プレーンのおから入りから始まって、今日のは既に8回目。レシピも見ずにソラで作りました。抹茶は知人にいただいた一保堂の「のどか」を使い、白あんは粒残しタイプをたっぷり目に入れて。

出来上り(炊き上がり)にフタを開けると、ふわっといいにおいがするのですよ。

パコッとお皿に出して、‥‥見た目は今イチですが、これが切るとうまい。断面に白あんの手亡豆が見えます。あったかいうちにラップで包んで箱に入れ、LINEで出前メッセージを送り、チャリでダッシュ!

待ち合わせの八坂さん前に、朝9時6分に着きました。

「朝ごはん、食べましたか?」「よかった、じゃあ、モーニングに食べてください。白牛乳と合いますから」と、わずか20秒話して手渡してGood-Bye!

朝活その1、無事に終了。

 

朝一番のとうふを買いに

せっかく20分もかけて行ったのだから、そのまま帰るのもね。と、宮川町方面にターン・レフト。千代(ちしろ)とうふのナルタさんの顔が浮かびました。

貼り紙は「コロナウイルスの影響で、営業時間が云々‥‥」と貼ってありましたが、ナルタさん、いた! やっぱり今日も、あごマスクでした。

朝9時半前に、とうふ屋さんに買いに行くことは、私にしては超めずらしいことで‥‥ ナルタさんのお顔を見て、気分は上々。白とうふとお揚げを分けていただきました。

千代さんは、毎日新聞 「とうふ屋のある町は いい町だ」連載の第1回目に取材でお世話になったとうふ屋さんです。

朝のとうふは、おいしい。お揚げもおいしい。そう、作った人から直接買ったのって、うれしいおいしさ。ナルタさん、ありがとうございます!

今朝のワタシは、わずか1時間ちょっとで朝活を2つ完遂したのでありました。

帰り着いたのは9時50分。チャリで1時間近く走った心地よい疲れのせいか、冷や奴あとに、しばしの朝寝。おだやかなゴールデンウィークを満喫しております。

5月3、4、5、6日。あと4つも休みがありますね〜。食品の買い出し以外は、おとなしく STAY HOME。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2020年 9月
« 8月   10月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー