豆は「しあわせ」のタネである

小宮山さんのキーマカレーにトライ!

Lemon Rice TOKYO で買いました

この前の東京出張の際、お昼に渋谷のLemon Rice TOKYO に行きました。BSフジの「東京会議」で時々お見かけする小宮山雄飛さんが手掛けられたお店です。

 

渋谷駅は工事だらけで、とてもわかりにくく、それでも何とか辿り着き、ようやく買ったレモンライス。テイクアウト オンリーで、待っている間に見つけたスパイスも一緒に買いました。

 

レモンライスは正直なところ、出張の昼ごはんとしては食べるところに困りました。教わった「ストリームの広場」で強風の中、飛ばされないように気をつけて、そそくさといただきました。

美味しいのは頭でわかるのだけど、刻んだパクチーが飛んでいくのです。ホント強風が気になってばかりで「レモンライスはスリルの味」とメモリーされました。

味変の工夫がいろいろ詰まってて、あれで800円(税込)は安いと思いました。

スパイス・セットも、レモンライスと同額の800円でした。

 

CURRY LIFE 小宮山さんのカレーを作りました

小宮山さんのカレースパイスには「ベーススパイス」と「仕上げスパイス」の2種類の袋が入っていました。作り方の内側に、カレー愛に満ち満ちたコラムが掲載されています。これは、買った人だけのお楽しみ。

小宮山さんの指南どおりにカレーを作りました。

ちょっとだけアレンジは、豚ひき肉を合挽肉に変え、マッシュルームを蕪に変えました。材料に、ひよこ豆の記載があるのがうれしくて、小宮山さんにいっそう親近感がわきました。

ぐつぐつ、ぐつぐつ、豆さえ水煮にしておけば、カレーは1時間もかからずに出来上りました。

レシピどおりに作って味見をしたら、ちょっとシャバシャバな感じで、ちょっと塩味が薄く感じました。ゆえに、トマトの残りを半分くらい、塩を小さじ1/2くらい足して、もうちょっと煮込みました。

同じ材料を使っても、作る人によって出来上りが違います。カレー作りのベテラン・小宮山雄飛さんと、ただの豆好きな私。レモンライス東京と、ひよこ豆つながりで、小宮山さんのカレーを2回も味わうことができました。

カレーって、自由でフレンドリーな食べ物ですね。小宮山さん、ありがとうございます。

レモンライスも作ってみたいなぁ‥‥

Lemon Rice TOKYO 東京都渋谷区桜丘町15-19 日曜・祝日定休、不定休あり

*レモンライスが買えるのは11:30〜14:00頃

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2020年 10月
« 9月   11月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー