豆は「しあわせ」のタネである

ZENB マメロニを使ってみました

「マメロニ」名前もかわいい

初めて「豆を使ったイタリア製のショートパスタ」ひよこ豆・レンズ豆・青えんどうを買った数日後、ZENBさんから『マメロニ』が新発売されたことを知りました。

メルマガで、送料無料でお得に試せるキャンペーンの案内が来て、興味津々で注文しました。

税込 792円、ZENBさんのネット通販で購入できます。2袋セット送料込1,584円を取り寄せました。

マメロニ、マメ+マカロニからのネーミングですね。かわいい❤️

可愛いのは名前だけではありません。この「ちゅるん」とした形がカワイイ、茹でても「ちゅるん」のまんまなのです。

 

マメロニを使ってみました

マメロニの茹で時間は8〜10分と、袋の裏面に表示されています。私の好みでは、スープやソテーなど温かいものには8分、サラダなど常温や冷たくして食べる料理には8分半〜9分くらいかなと思いました。

最近作ったものをいくつか載せておきます。

▲ しめじとカリフラワーのマメロニ温サラダ

材料:ZENB mameroni、しめじ、カリフラワー、バター、粒ツブ明太子、塩、コショウ

ZENBヌードルのときも、素晴らしい! と思ったけど、マメロニはそれを上回るかも!? と思いました。ぷりっとモチモチ。この食感は、心地いい。おいしいです。

 

▲ 日野菜漬とマメロニのサラダ

材料:ZENB mameroni、日野菜、ゆで卵、マヨネーズ、塩、コショウ、オリーブオイル

日野菜は滋賀県の伝統的な野菜です。日野菜漬を、私は錦市場の京漬物屋さん『錦・高倉屋』で買っています。細長い大根のような形をしていますが、蕪の仲間なのだそう。

葉っぱの付け根のところがはんなりとした薄紅(うすべに)色。その色を活かして、葉っぱの緑と共に彩りにしました。クセのある京漬物とマメロニ、ユニークなコントラストにすいすいと完食してしまいました。

 

▲ マメロニと水菜のサラダ

材料:ZENB mameroni、ゆで卵、水菜、マヨネーズ、オリーブオイル、塩、コショウ

みそ仕込会に参加してくださった方々に、マメロニをご紹介したく作りました。本当はミートグラタンのようなものを考えたのですが、このぷにゅっとした食感の妙をお伝えしたく、またもやサラダにしました。

水菜のシャキシャキと、マメロニのもちっとした食感は女子に人気。好評につき現物は独身男性に、乾燥状態のマメロニは美人主婦のお持ち帰り用に進呈しました。

 

▲ とら豆とマメロニのミートソース

材料:ZENB mameroni、とら豆、ニンニク、オリーブオイル、みじん玉ねぎ、牛挽肉、トマトソース、ナツメッグ、クミン、ローリエ、塩、コショウ、青み(ベランダでちぎったセロリの葉っぱ)

「絶対うまいはず」と思った通り、マメロニのちゅるんな食感が濃厚なトマト味を受け止めて、とら豆水煮の滑らかな食感と味わいが全体を中和する感じ。とら豆の模様がわからなくなってしまったのは残念ですが、と言うことは、いんげん系の豆全般で代用可能。

ほっほっほ、うまい! サラダのさっぱり系より、こっちのほうが好きかも😃

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2022年 1月
« 12月   2月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー