豆は「しあわせ」のタネである

フーデックス 2016 に行って来ました

3/8〜3/11 幕張メッセで開催中!

3月9日(水)、FOODEX JAPAN 2016 に行って来ました。

雑穀輸入協議会および株式会社 大昌貿易行の甘糟専務より招待状をいただき、Jちゃんと二人で見させていただきました。

 

広い広い会場を歩いてグルグルし、何カ所も豆スポットを発見しました。

IMG_20160309_125449 IMG_20160309_120716

 

豆・豆料理探検家の私が出合ったフーデックス「豆なスポット」は、

 

◎雑穀輸入協議会さまブース 6D48

IMG_20160309_133507

北海道・石川農場の石川修さん

IMG_20160309_105113

会場を廻り、情報収集中のJちゃん

石川さんの豆料理を数種類試食、キレイなお姉さんが豆の様々なサンプルを配られ、会場に並んだ豆の袋から、好きな豆を袋詰めして持ち帰る振舞いも!

 

 

 

 

 

IMG_20160309_105106 IMG_20160309_120803 IMG_20160309_133459

あんこ+ヨーグルト+ホイップクリームの試食(左)

・石川さん作「虎豆入りのスープ」と「虎豆入り雑穀おにぎり」の試食(中)

・石川さん作「虎豆入りのカレー」の試食(右)

 

◎大昌貿易行さまブース 6D46

大豆粉で作ったパンの試食や、ドライパックの豆の試食などをいただきました。

大豆粉はサンプル送付をお願いしました。

ドライパックの豆はサンクゼールさんの商品だそうです。虎豆ひよこ豆白いんげん豆、3品ともお世辞抜きに美味しかったです。特にひよこ豆の出来は素晴らしいと思いました。

これまでこの類いの缶詰、水煮パック、真空パック、ドライパックの豆を様々に試してきた中で、ベスト3に挙げたい美味しさでした。京都でも買えそうなところを教えていただきましたので、自分で買いに行こうと思います。

IMG_20160309_105933 (1) IMG_20160309_110930

 

 

◎小川珈琲さまブース

IMG_20160309_114217 IMG_20160309_114253

世界チャンピオンのバリスタさんがいれてくださるカプチーノを味わうことができました。小川珈琲さんは、京都発祥のコーヒー屋さんです。同じ京都人として誇りに思います。(^^)

 

◎豆の香さまブース

IMG_20160309_115745

糸引きの少ない納豆、納豆ペースト、納豆パウダーなどの試食と資料をいただきました。

 

◎スパイスハウスさまブース

IMG_20160309_122204 スクリーンショット 2016-03-11 13.36.24

世界の豆挽割りの豆豆に合う香辛料を展示されています。パッケージデザインがステキだなと思いました。鍋の中だけ透明にして、豆が鍋の中で煮えているように見せる。こんなセンスが日本の食品業界に広がっていけば、店頭がすこぶる晴れやかになると思います。勉強になりました。

ザクロのジュース試飲も3種類できて良かったです。

 

◎オネファームさまブース 8F10

IMG_20160309_130330 IMG_20160309_130317

指宿の立派な空豆の業務用とギフト用、お多福豆を展示されています。

鹿児島では天候被害のため、3月4月に出荷できる空豆が少ない中、オネファームさんの空豆いぶすき陵西」は業務用、ギフト用とも出荷できそうだというお話でした。

国際マメ年にも大いに興味を示していただきました。これからどうぞ、よろしくお願い致します。

 

◎オールライフサービスさまブース

IMG_20160309_152318

門出豆」や「門出豆珈琲」を紹介されていました。

写真の中にあるピンク色の豆は「なた豆」です。なた豆を加工して、縁起の良い「門出豆」という名で販売されているとのことでした。

国際マメ年にも興味をお示しいただき、ありがとうございます。豆好きな人たちを増やすため、お力をお貸しいただけると幸いです。

 

◎発芽大豆ファクトリー かなえFOODSさまブース

発芽大豆の特長をお聞きし、試食をいただきました。

IMG_20160309_150057

 

マルコメ「大豆と米粉のスイーツ粉」展示  辻口博啓さん監修・・・(下の写真左)

IMG_20160309_151228 IMG_20160309_151255

マルサンアイ「トリプル菌活みそ汁」展示・・・(上の写真右)

 

◎タニタ食堂 ブランディング推進室 猪野正浩 室長のスピーチもお聞きすることができました。タニタ食堂の食に対する取り組みと、著しい展開に興味があります。同時通訳に付いた女性にキレとセンスが醸し出され、とてもステキでした。

 

今回フーデックスに参加して様々なことを考えました。これだけたくさんの食材や最先端の加工食品があって、飲食の業界はますます競争が厳しくなり、レベルアップが必要とされるのだと思います。

人々が日々追い立てられるようにせわしなく過ごす中、豆を水にもどして茹でて調理するといった時間をとることは、すこぶる贅沢なことかもしれません。豆に限らず、誰かが誰かを思い料理をつくる愛ある行為を、大切にしていきたいと思います。

 

関連記事

コメント

    • 石川おさむ
    • 2016年 3月 10日

    当ブースにお立ち寄りいただきありがとうございました。これから是非色々と情報交換させてください

      • Nodoka
      • 2016年 3月 10日

      石川農場 石川修さま

      のどかです。おはようございます。先日は、おいしいのいろいろ、ごちそうさまでした。
      お写真勝手に載せてます。スミマセン。
      今日もまた、たくさんの方々に虎豆のおいしさを伝えてください。
      近所に「石川食堂」があったら、しょっちゅう食べに行きたいです。(^o^)

    • 石川おさむ
    • 2016年 3月 19日

    のどかさんこんにちわ。
    先程、Facebookで辻本宣子さんと繋がりまして、のどかさんの事を知っていると言っていました。わぁ繋がるなぁと思って感激しました。
    北海道、まだまだ雪がありますが、最近の春の陽気でどんどん融けてます。春はすぐそこって感じですよ

      • Nodoka
      • 2016年 3月 19日

      石川さん、おはようございます。
      遠軽の辻本さんは、一緒に赤飯運動を立ち上げた仲間です。歳上の辻本さんに実行委員長をお願いし、私が事務局をしていました。
      エネルギッシュで面倒見がいい辻本さんは、みんなのオカンみたいです。あやかりたいものです。
      石川さん、またお目にかかって、豆の話をしたいです。(^^)/ のどか

    • 石川おさむ
    • 2016年 3月 19日

    そうでしたか。
    そんなに親しい方だったのですね。
    そうですね。またいろいろお話したいです。是非メールにもご連絡いただければ、僕のラインとかも教えますので。よろしくお願いいたします~

  1. この記事へのトラックバックはありません。

豆行事や催しなど

2017年 11月
« 10月   12月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー