豆は「しあわせ」のタネである

豆腐のこと

毎日新聞 連載〈25・最終回〉とうふ屋のある町は いい町だ

とうふ屋さん巡り2年間をふり返り 毎日新聞の関西版 夕刊に月に1回、とうふ屋さん紹介を連載させていただきました。うるう年だったせいか、2月に2回載って、本日の夕刊が25回目の掲載、最終回でした。 今回は、リヤカー販売のとうふ屋さんを中心…

記事を読む

京仁助豆腐「桜おぼろ」は、お花見とうふ

春のとうふ 毎日新聞連載「とうふ屋のある町は いい町だ」の取材でお世話になった京都市南区の京仁助豆腐 宮本さまより、「春のとうふ」が届きました。 取材でお話をお聞きした日に、取材を終えてから、おとうふやお揚げを持たせていただくことはある…

記事を読む

入山とうふ/リヤカー販売のとうふを買う

鉦の音に招かれて 昼を小半時ほど回ると聞こえてくる鉦(カネ)の音。ずっと気になっていた鉦の鳴るとうふ屋さんから、とうふを買いました。 カン・カン・カン・カン・カンカーン、カン・カン・カン・カン・カンカーン。 来るよ、来るよ、もうすぐ来…

記事を読む

南禅寺「順正」で、Hさん壮行会

「とうふの話が聞きたい」 もう間もなく海外へ単身で乗り込む友人が、京都にも寄ってくれました。行きたいとリクエストされた自然食の店は残念ながら店休日で、急きょ、とうふ作り体験ができる食事をすることに。 彼はヴィーガンを研究しているとのこと…

記事を読む

京都市中京区壬生の「前田豆腐店」へ

とうふ屋さん探訪中 京都市内にあるとうふ屋さんを巡っています。今回のおとうふ屋さんは、阪急の大宮駅から、もうちょっと行ったあたり。地図をプリントアウトして、自転車で出かけました。 堀川通を京都駅方向へ、四条堀川で右折して、まだまだずんず…

記事を読む

豆行事や催しなど

2020年 4月
« 3月   5月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら

バックナンバー