豆は「しあわせ」のタネである

豆腐のこと

京都のユニークなとうふを味わう

上田とうふ「お豆腐のデザート SOYシナモン」 Kちゃんからのいただきものです。京都 大原野「上田とうふ」さんの3品をちょうだいしました。 豆乳(500ml)、ちっちゃな 銀杏入りひろうす(6個入り)、SOY シナモン(110g入り…

記事を読む

久在屋「地豆腐」に導かれ

久在屋「地豆腐」とは 全国各地に300種類あると言われる地大豆を使って久在屋で作るとうふ。 「国産大豆は、ほとんどが『奨励品種』と呼ばれる大豆ですが、その陰に隠れた幻とも言える大豆があります」「(地大豆)それぞれが、その時独自の特性を備…

記事を読む

「からしとうふ」を使って

「京仁助豆腐」のからし豆腐 お店は京都市南区にあります。私のところからですと、地下鉄とバスを乗り継いで1時間ちょっとで行くことができます。 大丸京都店にも商品を卸してくださっているので、私は大丸で購入しています。 京仁助さんのおとうふ…

記事を読む

清涼寺(嵯峨釈迦堂)と嵯峨豆腐 森嘉

森嘉さんへ寄り道 日曜日、清涼寺に写経をしに行きました。嵯峨豆腐 森嘉さんに伺う度に、写経の案内看板が気になっていたので、今回は写経を終えた帰りに森嘉さんに立ち寄った感じです。 今にも降り出しそうなお昼前、店の前には2組の先客がおら…

記事を読む

「毛豆」のとうふ!?

7月の久在屋「地豆腐」を買いに 京都市右京区にあるとうふ屋さん「久在屋」の地豆腐を、毎月楽しみに買っています。 今月の地豆腐は「毛豆」のとうふと知って、いつも以上に楽しみににしていました。そして、「髙島屋ではなく、お店に買いに行こう」と…

記事を読む

豆行事や催しなど

2020年 10月
« 9月   11月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー