menu

豆は「しあわせ」のタネである

[治五左衛門のだだちゃ豆]尾浦・白山系

山形県鶴岡市から届く、今シーズン4回目のだだちゃ豆 治五左衛門の石塚ファームさんとご縁ができたのは去年のこと。今年は7月から、治五左衛門のだだちゃ豆を味わっています。 ◎つるおかぼんちゃ豆 ◎小真木だだちゃ ◎黒丸 ◎甘露 の4枝豆に加え、今回「尾浦」と「白山系」だだちゃ豆を送っていただ…

記事を読む

豆料理をコーディネートする

豆は主役にならないほうがいい? 豆好きに目覚めて1〜2年たった頃に「豆料理のフルコース」と称して、とんでもないことをしてしまいました。 自分より年長の方のお誕生日に、最初から最後まで豆だらけの料理を作り、お祝するどころか、一緒に食べている豆好きなはずの自分が、うんざりしてしまったことがあります。…

記事を読む

緑豆スイーツ

夏の忘れもの 引出しから緑豆が出てきました。緑豆は夏向きの豆です。身体の熱を冷ます働きがあり、口内炎にも良いと聞きます。東南アジアあたりではスイーツに使われるそうですが、日本ではモヤシの原料に使われたり、中国産の輸入春雨に使われていたりします。 小豆を緑色にしたような小粒の豆で、数時間水に浸…

記事を読む

シダレエンジュ

京都府立植物園の入口前広場にて 京都府立植物園は、地下鉄烏丸線の北山駅に隣接する植物園です。久しぶりに北山駅を使い、マメ科植物 シダレエンジュのことを思い出しました。 そこにマメ科植物が在ることを、私はずいぶん前から知っていました。 2016年8月27日の豆なブログにも、私はシダレエンジュのこ…

記事を読む

大極殿本舗「栖園」高倉店 琥珀流しの1年

京都の甘味処「栖園」、月替りの琥珀流し 大極殿本舗 栖園、琥珀流しで知られる甘味処です。かつては、六角店だけだった喫茶部門が高倉店(大丸京都店の近く)に併設されたのが、昨年6月のこと。 私は2019年9月から栖園 高倉店の琥珀流しを求めて店に通い、この度ようやく満願成就と相成りました。うれしい&…

記事を読む

豆行事や催しなど

2020年 10月
« 9月   11月 »
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Plofile

豆・豆料理探検家
豆料理アドバイザー

五木 のどか

福岡県生まれ、京都市在住。個人事務所 who(ふー)所属。豆の原稿執筆、レシピ開発、販売促進などに携わる傍ら、豆好きな人を増やすため、豆料理の楽しさやおいしさ、使い方を伝える活動を展開している。 | 詳細はこちら
Instagram

バックナンバー